着圧レギンスの選び方とは?

 

着圧レギンス,選び方

 

着圧レギンスにも特化している効果は異なり、ただ締め付けるだけではなく脂肪燃焼効果があるものまで様々です。安い着圧レギンスは効果がないだけではなく、皮膚に痒みが出る事もあります。自分に必要な効果で、選びます。

 

着圧レギンスには1サイズしか展開しているものもあるが、無理して自分のサイズに合わない着圧レギンスを履いても十分な効果を得られないです。小さいサイズを無理して履くと、うっ血の原因になったりして危険です。

 

サイズ表記をチェックする時には、ウエストやヒップだけではなく太ももとふくらはぎと足首等細かいサイズを見ます。着圧レギンスには昼用と夜用の2種類があり、夜用に比べると昼用の着圧レギンスの方が着圧力が高めのものが多いです。昼用を寝る時に履くのは、危険であるため止めます。

 

着圧レギンスの着圧の単位は見慣れないものばかりで、脚痩せやむくみを解消するには着圧が高い物を選びたくなります。着圧が高いからいいものではなく、締め付け過ぎると反対に血流が悪くなったり締め付けにより皮膚が痒くなったりします。

 

昼用はしっかりと加圧するために、ナイロンやポリウレタン素材を使ったものが多いです。夜用は寝ている時に汗を掻くため、通気性の良い素材のものが多いです。昼用の着圧レギンスは、ボトムやスカートにひびかない薄手のものが良いです。このため、素材でも選びます。

産後に着圧レギンスはいつから使えるのか?

 

着圧レギンス,選び方

 

出産をすると骨盤が緩んで締める必要があり、骨盤矯正を行うのであれば産後1か月頃から使用する事が出来ます。帝王切開の場合は手術があるため、産後2か月頃から始めます。出産後直ぐに骨盤を締めてしまうと、子宮や内臓が正しい位置に戻るのが難しくなる事もあります。

 

また産後子宮から排出される悪路が上手く排出しにくくなり、産後は安静にするのが大事です。無理をすると尿漏れや腰痛や更年期障害等、数年経ってから症状が出てしまいます。マタニティー用でない着圧レギンスは、妊娠中はお腹に負担がかかるため休みます。

 

産後1か月から2か月くらいから始めて、産後6か月くらいまでが骨盤を矯正しやすい時期です。着圧レギンスは、足首やふくらはぎや太ももやお尻等場所により圧が異なるためむくみの軽減と共に血流を良くしてくれます。代謝がアップして、脂肪燃焼効果も出てきます。

 

腰回りの圧がかかると、骨盤矯正も行えるため一石二鳥です。寝ている時だけに履くため、とても使いやすいです。日常は好きなレギンスやタイツやソックスを履けば良いです。骨盤の位置が正常になると、脚がスラっとして綺麗になります。出産は脂肪が体に付きやすく、産後に使うと良いです。

着圧レギンスの洗濯方法

 

着圧レギンス,選び方

 

着圧レギンスは洗濯機を使って洗濯が出来て、洗濯ネットに入れて洗濯をします。他の洗濯物との摩擦を防ぎます。大手メーカーの着圧レギンスは、乾燥機禁止で日陰干しが前提です。漂白剤も負荷になっていて、アイロンも使ってはいけないとされています。

 

これは複雑な裁縫構造であるためで、着圧部分は特にデリケートになっているため雑に扱うと着圧の構造を支えている部分を傷める事になります。本来の着圧力や伸縮性も欠けるため、優しい手洗いをするのが基本です。

 

着圧レギンスはポリウレタンやナイロンで作られているのがほとんどで、ポリウレタンには伸縮性のある素材で着圧力の要でもあります。ポリウレタンは熱に弱いため、強制乾燥やアイロンで劣化を起こす事があります。着圧位置や着圧力をキープするために必要な事であるため、乾燥機を使わないで日陰干しをします。

 

長く愛用したい場合は、着圧レギンスの洗濯表示をしっかりと確認します。素材の構造や配合率は商品によって異なっているため、お手入れの方法も商品ごと違います。洗濯の回数は人によりそれぞれ違うが、ずっと洗わないと雑菌が繁殖してしまかもしれないです。

 

清潔でない着圧レギンスを履いていると、肌がかぶれる原因になるためこまめに洗濯をする事です。

着圧レギンスでセルライトを除去する

 

着圧レギンス,選び方

 

着圧レギンスを履くと脚を細くする効能が上昇して、セルライトも解消する事も出来ます。着圧レギンスには夜の寝る時に履くものがあり、夜に着用する方が効果が高まりセルライト除去効果も抜群です。夜に履くと良いのは人間の身体の中では、朝のうちに毒の排出効果が元気に働くからです。

 

午前中は不要物質や脂肪を排出しようとする効果が勢いを増している時間帯であるため、この時間にリンパの流れや血液の流れが良くなっているとそれだけ体の中に滞留した老廃物や脂肪が午前中に流出して脚痩せ効果も上昇します。

 

就寝時に着圧レギンスを履く事で、睡眠中に脂肪燃焼効果や代謝アップ効果を得られやすいため寝ている時間は無駄がなくダイエット時間として利用していると言えます。夜のダイエットタイムが継続していた状態が終わって、デトックス効果の大きい朝になるため脂肪がたっぷりと絞り出されます。

 

このような理由から、就寝時の着圧レギンスは脚を細くする期待に応えてくれます。着圧レギンスはセルライトを除去したり足をスリムにするために効果のある実効性のある着圧がかかる設計である事で、着圧レギンスは種類がいくつかあり機能面に優れている着圧レギンスを見つける事です。

ララスリム昼用着圧タイツの実際の効果は?【口コミ調査結果】トップページへ寸胴体型の下半身太りがコンプレックスの方、キレイな美脚に憧れる方は、トップページでララスリム昼用着圧タイツの詳細をチェックしてみてください。