着圧レギンスを履いたまま入浴するとどのような効果がある?

 

着圧レギンス,入浴

 

足首から胴体部分までしっかりと圧力をかける着圧レギンスですが、足の浮腫み解消のために履く以外に、履いたままお風呂に入ることでダイエット効果を得ることができ、筋トレをすることなくダイエットができてしまいます。

 

お風呂に入って足やウエスト付近を見てみると、お風呂に入る前よりも細い感じがしませんか?これは気のせいではなくて、実際に水圧により細くなっているのですが、着圧レギンスを履いたままお風呂に入ることにより、水圧が掛かっているうえに圧力が掛かることにより引き締め効果が高まります。

 

その上、お湯により血の循環が良くなっているので浮腫みが改善される他に、新陳代謝も高まることにより脂肪が燃えやすくなっています。脚痩せだけでなく、胴体部分までしっかりと圧力をかけるのでウエストやお尻の引き締めの効果まであります。 

 

入浴することで汗もかくためデトックス効果も得ることができ、冷え性改善や美肌効果なども得ることができます。

 

着圧レギンスを履いたままお風呂に入るだけでも圧力によって引き締め効果があるのですが、さらにダイエット効果を得るためには発汗作用のある入浴剤を使用することや、入浴中に運動やマッサージをすることが大事です。

着圧レギンスはいつ履くのか?

 

着圧レギンス,入浴

 

着圧レギンスには、昼用と夜用があります。昼用の着圧レギンスを寝る時に履いて寝ると、脚の血行がかなりピンチになります。昼用着圧レギンスは、筋肉に適度な抵抗を与えるものや消費カロリーアップ機能を謳っているものが多いです。

 

圧力の数値そのものは夜用と大差はないが、姿勢や動きに合わせた仕立てや素肌への負担をどこまで考慮するのかという点で寝ている間の使用は想定外になっています。刺激や蒸れによる痒みやかぶれ等、肌トラブルの元にもなってしまいます。どんなに疲れていても、オフをしてから寝る習慣を付けます。

 

きちんと昼間用は昼間に、夜用は夜に履くようにします。着圧レギンスの履き始めは、心地良く感じられる圧力です。時間の経過と共に脚には疲労が溜まり、適切なサポートの範囲をいつの間にか超えてしまいます。血流が阻害されてしまい、脚はパンパンになり着圧レギンスなしではいられない状態になります。

 

自分の脚と相談をして日中のみにしたり、むくみがきつくなる夕方から履いたり夜だけにする等柔軟に選ぶのがおすすめです。特に女性は生理周期に合わせてむくみの症状が重くなるタイプの人がいて、いざという時に困らないように24時間履きっぱなしにするのは避けます。

着圧レギンスを履いて運動をする

 

着圧レギンス,入浴

 

人間は二本足で立っている生き物で、血液は心臓から全身を巡って再び心臓に戻ってくる事を繰り返し、酸素や栄養を細胞に行き渡らせたり老廃物等を運び出したりします。脚は体の中で一番心臓から離れていて、更に重力で血液が集まりやすいです。

 

この時に心臓に血液を流すために使われている筋肉はふくらはぎで、ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。スポーツをすると疲労物質として乳酸の発生自体を止める事は出来ず、乳酸を蓄積する事で体に疲労感をもたらします。

 

乳酸を蓄積されないためには、血液の循環を良くするのが大切です。着圧レギンスは酸素を効率良く筋肉に運んで力を発揮させるだけでなく、乳酸を効率良く除去していく事でスポーツ後の体のリカバリーも助けてくれる救世主のような存在です。

 

着圧によって、疲労と筋肉の痛みが大幅に改善されます。アスリートランナーPROは、足首から太ももにかけて強めの着圧設計で運動時に発生する乳酸を血液に乗せてふくらはぎや太ももに溜まるのを防ぎます。

 

その結果として、運動後の疲労蓄積を防いで更にテーピング編みを施してるため膝のグラつきをサポートして足運びをスムーズに快適なスポーツライフを実現出来ます。

着圧レギンスを履いて脚が痛い原因

 

着圧レギンス,入浴

 

着圧レギンスを履いて脚が痛い原因は、着圧が強い方が効果があると思って着圧の強いレギンスを選んでいる場合です。着圧が強いレギンスを履いていると、脚の血行不良が生じる原因にもなります。着圧レギンスは、着圧のレベルが商品により異なっています。

 

使用をする時には、症状に合った着圧レベルを選びます。脚を細くしたいと思って、サイズが小さい着圧レギンスを選んでいても脚が痛くなる原因です。小さいサイズの着圧レギンスを履いていると、脚を締め付け過ぎて痛みを感じます。適切なサイズを選ぶ事は、大切です。

 

着圧レギンスを履く時に、普段のレギンスのように何気なく履いている人もいるはずです。通常のレギンスのように一気に引き上げて履いたりしていると、しわが寄って圧がかかる部分が違ってしまったり圧が強くかかり過ぎてしまった部分より足先の部分の血行障害の原因になります。

 

着圧レギンスを着用する時に、朝から晩まで履いている人もいると思います。朝から晩まで長時間履き続けていると、脚の血行が悪くなる原因になってしまいます。着圧レギンスはそれぞれの時間帯に合った圧力の商品が販売されているため、長時間履き続ける事は避けます。

 

時間を区切って、使用する必要があります。

ララスリム昼用着圧タイツの実際の効果は?【口コミ調査結果】トップページへ寸胴体型の下半身太りがコンプレックスの方、キレイな美脚に憧れる方は、トップページでララスリム昼用着圧タイツの詳細をチェックしてみてください。